女性派遣社員の婚活は結婚相談所が最適な理由

女性派遣社員の婚活は結婚相談所が最適な理由
非正規雇用のいわゆる派遣社員の女性というと、
どうしても相手にされないのではないか、というネガディブに考えている女性が多いように思います。

でも、男性の側からすると、
女性に収入を求めている人は少なく、派遣社員の女性であっても、婚活には全く関係ないというケースも多々あります。

では、どうして派遣社員だと相手にされないというように
ネガディブに捉えてしまうのでしょうか?

派遣先の企業内での空気感

派遣社員の感情は、派遣先の企業での空気感に左右されるのだと思います。

派遣先が割りと大手で、
女性も多い職場となると、派遣社員の女性は異質な感じに見られる事が多く、
相手にされていない、と感じることがあるのかもしれませんね。

逆に派遣でも、女性が少ない職場であれば、
職場の華として、女性ならではの気配りなど、重宝されることが多いのではないでしょうか。

つまり、その会社の空気感から、
ネガティブな雰囲気を感じ取ることが多いのかもしれません。

でも、安心して下さい。
派遣先の企業と、婚活は全く別問題です。

女性は年齢、男性は年収

派遣でも関係がないと言いましたが、
婚活市場独自の価値基準に大きく影響されることは楽しかです。

それは、女性は年齢であり、男性は年収だということです。

女性のあなたが男性に対して経済的な自立力、つまり年収を求めるのとおなじ感覚で、
男性は女性に対して年齢とルックスを求めてきます。

つまり、若くてかわいい女性は、
男性から需要が強い、ということになります。

この切り口では、派遣とか正社員というスペックは、全く無関係です。

合コンでも、婚活パーティーでも
理想の男性をゲットできる可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

アナタが30代半ばよりも若い年齢であれば、
早めに婚活をスタートしたほうが良いといえます。

では、30代半ばに差し掛かるとどうでしょうか?

婚活よりも結婚相談所

需要は一変する。
婚活において、男は子どもを必須条件として考える場合が多いようです。

そうなると、一般的な尺度でみたときに、35歳が出産リスクのリミットと
考えているようです。

もちろん、若ければ若いに越したことはありません。

婚活サイトなど、
30代前半でモテていた女性も、一気に男性からのアプローチが減少します。
驚くほどです。

あるいは、若くてもルックスに自信がなかったり、
あまり持てないタイプの女性も、同じかもしれません。

そういう場合は、結婚相談所へ頼るのが一番確実な方法だと思います。

結婚相談所では、とにかく最短1年で結婚したい男女の集まりです。
最低限のスペックさえマッチすれば、まずはお見合いで会ってみましょう、という基本スタンス。

派遣社員というネガティブ要素も、ほぼ気にならないはずです。

まとめ

派遣社員の女性は婚活において、
特に結婚相談所というマーケットにおいては、男はあまり気にすることはないようです。

年収が250万円〜300万円という低い男性は、
女性の職業の安定感を気にする人がいるかもしれません。

しかし、結婚相談所への入会費は20万円〜30万円。
この料金を支払って婚活を行う男性は、それなりの経済力が担保されているので、女性に職業や年収を求めることはありません。

また、結婚相談所は社会の未婚率の低下と相まって、
今では多くの人が普通に入会するサービスで、男性のスペックも良く高条件で会員を集めています。

まずは資料請求などして、店舗へ説明を聞きに行くことで、
婚活市場における自分の価値や、立ち位置を確認すると良いのではないかと思います。